skip to Main Content

家 族 で 、 養 鴨 業 を 営 ん で い ま す 。

こ ん に ち は 、 市 原 フ ァ ー ム で す 。

家 族 で 、
養 鴨 業 を
営 ん で い ま す 。

こ ん に ち は 、
市 原 フ ァ ー ム で す 。

三 瓶 山 の 裾 野 に 広 が る 、 島 根 県 邑 智 郡 川 本 町 。
「地域の特産品をつくりたい」からはじまりました。

市原ファームのある島根県川本町は、近年、健康食品として注目される「えごま」の栽培で全国に知られる人口3200人ほどの小さな町です。  

2012年、川本町でえごまを飼料に混ぜて鴨を育てる「えごま鴨」の新商品開発事業が始まり、弊社代表である市原弘明が事業担当者に就任しました。コスト面の問題などもあり、当時は実現には至りませんでしたが、その後、養鴨業に可能性を感じた市原弘明は、「川本町に特産品と呼ばれる鴨肉を自分たちの力で提供したい」という強い思いで独立を決意。2017年に鴨の処理・加工場を立ち上げ、その完成とともに「市原ファーム」をスタートさせました。  

現在は、県内外から鴨や鶏の処理・加工の依頼なども請けながら、卸や飲食店、個人の方にも鴨肉の販売を行っています。噛めば噛むほど旨味が出る、この鴨肉の魅力を地元はもちろん全国に届けたいという思いで通信販売も始めました。  
中山間地域の大自然の中、地域の協力を受けながら、家族経営でやさしく丁寧に鴨を育てています。

三 瓶 山 の 裾 野 に 広 が る 、
島 根 県 邑 智 郡 川 本 町 。
「地域の特産品をつくりたい」
からはじまりました。

市原ファームのある島根県川本町は、近年、健康食品として注目される「えごま」の栽培で全国に知られる人口3200人ほどの小さな町です。  

2012年、川本町でえごまを飼料に混ぜて鴨を育てる「えごま鴨」の新商品開発事業が始まり、弊社代表である市原弘明が事業担当者に就任しました。コスト面の問題などもあり、当時は実現には至りませんでしたが、その後、養鴨業に可能性を感じた市原弘明は、「川本町に特産品と呼ばれる鴨肉を自分たちの力で提供したい」という強い思いで独立を決意。2017年に鴨の処理・加工場を立ち上げ、その完成とともに「市原ファーム」をスタートさせました。  

現在は、県内外から鴨や鶏の処理・加工の依頼なども請けながら、卸や飲食店、個人の方にも鴨肉の販売を行っています。噛めば噛むほど旨味が出る、この鴨肉の魅力を地元はもちろん全国に届けたいという思いで通信販売も始めました。  
中山間地域の大自然の中、地域の協力を受けながら、家族経営でやさしく丁寧に鴨を育てています。

ハルバリー種の鴨とエゴマのチカラ

鴨肉の本場はフランスですが、8割がバルバリー種と呼ばれるもので、弊社も茨城県の孵卵場から国産ハルバリー種の雛を購入し、養鴨、処理、加工、販売までを自社で行っています。ハルバリー種は、ノバリケンという南アメリカ原産の陸鴨の血を引いており、その他の鴨と比べて脂身が薄く、赤身の味が濃いのが特徴です。

この町の主力農産物のひとつであるエゴマ(油)は、栄養価が高くβカロテン・ビタミンCが豊富またビタミンEも豊富でこれらは抗酸化作用が強く若返りビタミンとも呼ばれています。免疫力を高めるほか体内の火星酸素を抑え蝋化防止にも効果があると言われています。奇跡のオイルとも呼ばれるこのエゴマオイルを鴨に与え育てています。鴨を処理するときは命をいただく感謝と謙虚さを忘れないように、日々心がけています。

鴨肉をおすすめできる理由

鴨の肉は、他の肉に比べて消化されやすく、もたれにくいと云われていまが、火入れが難しく、じっくり低温で火を通したり、遠火で焼く、あるいはさっと火を通すような料理に向いています。(強火だといくら煮込んでも固くなります。)

日本では、「鴨鍋や鴨そば」などが一般的ですが、雑煮や赤ワインソースのローストなどもおすすめです。鴨肉の脂肪は融点(脂の溶ける温度)が低いのが特徴で、体温より低い24~30度(牛や豚、鶏肉は人間より高い)で溶けるため、脂肪が体内に蓄積されにくいといわれています。

ハルバリー種の鴨と
エゴマのチカラ

鴨肉の本場はフランスですが、8割がバルバリー種と呼ばれるもので、弊社も茨城県の孵卵場から国産ハルバリー種の雛を購入し、養鴨、処理、加工、販売までを自社で行っています。ハルバリー種は、ノバリケンという南アメリカ原産の陸鴨の血を引いており、その他の鴨と比べて脂身が薄く、赤身の味が濃いのが特徴です。

この町の主力農産物のひとつであるエゴマ(油)は、栄養価が高くβカロテン・ビタミンCが豊富またビタミンEも豊富でこれらは抗酸化作用が強く若返りビタミンとも呼ばれています。免疫力を高めるほか体内の火星酸素を抑え蝋化防止にも効果があると言われています。奇跡のオイルとも呼ばれるこのエゴマオイルを鴨に与え育てています。鴨を処理するときは命をいただく感謝と謙虚さを忘れないように、日々心がけています。

鴨肉をおすすめできる理由

鴨の肉は、他の肉に比べて消化されやすく、もたれにくいと云われていまが、火入れが難しく、じっくり低温で火を通したり、遠火で焼く、あるいはさっと火を通すような料理に向いています。(強火だといくら煮込んでも固くなります。)

日本では、「鴨鍋や鴨そば」などが一般的ですが、雑煮や赤ワインソースのローストなどもおすすめです。鴨肉の脂肪は融点(脂の溶ける温度)が低いのが特徴で、体温より低い24~30度(牛や豚、鶏肉は人間より高い)で溶けるため、脂肪が体内に蓄積されにくいといわれています。

市原ファーム|Ichihara Farm
〒696-1225  島根県邑智郡川本町南佐木343
電話:0855-74-0578 FAX:0855-74-2002
info@iwamigamo.com

Copyright © 2021 Ichihara Farm All rights reserved.

Back To Top